一般社団法人
大阪府トラック協会
グリーン・エコプロジェクト

一般社団法人
大阪府トラック協会
グリーン・エコプロジェクト

グリーン・エコプロジェクト
とは?

『グリーン・エコプロジェクト』について

『グリーン・エコプロジェクト』では、車両ごとに収集した実走行燃費からデータベースを構築し、継続的なエコドライブ活動を推進・支援、燃費向上に伴うコスト削減、事故防止等に向けた取り組みを展開しています。

『グリーン・エコプロジェクト』の最終目標は、経営者・管理者・ドライバーの従業員一人一人が環境意識の向上による社会貢献・社会責任を主軸とした“環境CSR(環境から進める経営改善)”を目指しています。
そのために、レベルアップセミナーや講習会を開催して、環境関連資料やドライバーのモチベーションを高める教育資料を提供し、環境問題に能動的に取り組めるよう支援しています。

『グリーン・エコプロジェクト』で開催されるセミナーや、提供される教育資料を活用した取り組みを推進していくことで、環境や安全に対する各認証制度の取得もスムーズに行うことができる社内環境へと改善していきます。

このように継続的に活動を行うことで、以下の4つの改善が図ることができ、“環境CSR”へとつながっていきます。

  • ① 社内コミュニケーション環境の改善

  • ② 燃料コスト削減・
    交通事故減少

  • ③ 優良企業の認証取得

  • ④ 地球温暖化防止対策

活動内容

  • すべては「1枚の紙」と鉛筆からはじまる

    『グリーン・エコプロジェクト』では「走行管理表」という1枚の紙に毎月の給油量と走行距離を手書きで記入していくことからはじまります。
    車両ごとのデータ(車両重量や使用燃料等)をもとに、データベース化を図り、「走行管理表」から燃費データを収集・構築、これがCO2排出量などの基礎となります。
    ドライバーは「走行管理表」へ燃費を自ら記入することでだんだんと自分の燃費を把握するようになり、ドライバー同士、ドライバーと管理者とのコミュニケーションツールとなって、社内コミュニケーション環境の改善につながります。
    また、燃費を意識した運転がエコドライブにもなり、事故も減ります。
    さらに、正確なデータが得ることができ、これが経営改善に向けた武器となるのです。

    Plan(目標設定)Do(走行管理表の記入)Check(データベース作成)Action(ドライバー教育)
  • “環境CSR”から経営改善へ

    『グリーン・エコプロジェクト』では経営者・管理者・ドライバーの従業員一人一人が環境意識の向上による社会貢献・社会責任を主軸とした“環境CSR(環境から進める経営改善)”を目指しています。
    そのためのレベルアップセミナーを開催し、社内のPDCAサイクルを進めるために必要なノウハウやツール、ドライバーをやる気にさせる資料を提供し、使い方等を指導しています。その後の継続セミナーで月ごとの教育資料を提供し、日々、忙しいなかドライバー教育を行う指導者の業務負担を軽減するなど、継続的に支援します。
    エコドライブ活動を行い、「走行管理表」で正確な燃費データを取ることで、交通事故の減少やコスト削減となり、グリーン経営認証やGマーク、東京都貨物輸送評価制度の取得、改正省エネ法への対応へと段階的に“環境CSR”へ向けて活動しています。

参加事業者の具体的な取り組み内容

  1. 01.担当者

    セミナーへの参加
    (短時間で効果的な継続できる手法)

    セミナーは2ヶ月に一度、定期的に開催。
    経営者・管理者層の方を参加対象としています。

    セミナー参加 基本料金
    (全5回のステップアップ講座)
    ¥3,000/回
    特別価格
    ¥0
  2. 02.ドライバー

    燃費データの記録
    (ドライバー自らデータを記入)

    燃費データ構築 基本料金
    車両登録料金 ¥3,000/台
    運用料金 ※ ¥500/台月
    特別価格
    ¥0

    ※ ステップアップセミナー修了後の継続セミナーより別途費用(¥250/台月)が必要となります

  3. 03.担当者・ドライバー

    提供ツールを活用したドライバー指導訓練
    (現場で実践できる教育資料の提供)

参加者アンケート

  • プロジェクト参加動機

  • プロジェクトセミナーに参加してみて

    効果的な教育手法を提供!!

  • グリーン・エコプロジェクトの参加効果

    参加者の7割の方がドライバーの意識向上を実感!!

  • 燃費データの構築状況の変化

    57%の方が改善を実感!!

  • 自社の教育内容や
    ドライバーの意識改善の有無

    65%の方が改善を実感!!

  • 参加後の交通事故損害金額の
    増減状況

参加者の声

  • 自分の車両の具体的な実燃費数値の把握をしているドライバーが増えてきている様に思う。以前よりドライバーのエコドライブの意識が強くなったと思います。
  • 今まで指示で一方的であったが、対話の回数が増えてきた(管理者のコミュニケーション力が上がった)。
  • ミーティングでドライバーからの意見がよく出るようになった。
  • 燃費を上げるには、どうすれば良いかという問いに個々の意見ができるようになり、それが無事故に繋がるとうことがわかるようになってきた。
  • 以前より事故防止に関する想いがドライバーから伝わる様になった。
  • 参加前は全く燃費に興味もなく、貼り出すデータも見なかったが今では雑談の中で燃費の話が出るようになった。
  • 統一したデータが取れる様になった事と、ドライバーがマンネリ化していた活動だったが、プロジェクトに参加し、各人が再認識してくれた。
  • 燃費について、ドライバーが良く把握できてきた様に思えます。無事故が継続しています。
  • 安全のための燃費運転という考え方を知った。
  • 参加前は燃費コストという意識はなく、ただ減ったら入れるということだったが参加後色々な工夫(燃費を上げるため)が見えてきた。
  • 参加前はまったくといっていいほどエコドライブを意識していなかったと思います。今は個々のドライバーから今月は良かったとか悪かったとの言葉が聞ける様になった。
  • ドライバーのクオリティーを高めていかないと、生き残れない現状で、セミナーに積極的に参加して自社の意識改善に役立っている。
  • マンネリ化していた自社活動がプロジェクトに参加して見直された。
  • 参加前は実際の燃費をドライバー自身が把握していなかったが、現在は燃費も把握し、エコドライブを意識して運転しています。